ライトマネージャー10 for PDC-210 − 動作環境・仕様

ライトマネージャー10 for PDC-210ライトマネージャー10 for PDC-210

磁気カードデータの書き込み/読み取りユーティリティ(磁気カード発行用ソフトウェア) ライトマネージャー10ライトマネージャー10for PDC-210for PDC-210

  • 磁気カードデータの書き込み(エンコード)と読み取り
  • 磁気データの編集フォーマットを自由に定義
  • 磁気カード情報をデータベースで管理
  • 複数フィールドを自動編集して磁気データ値を作成
ライトマネージャー10・製品紹介メニュー

動作環境

OS(基本ソフト)
  • Microsoft Windows 10 (32ビット版/64ビット版)
  • Microsoft Windows 8.1 (32ビット版/64ビット版)
  • Microsoft Windows 7 (32ビット版/64ビット版、Service Pack 1 以上)
※各日本語版
コンピュータ本体
上記のOS(基本ソフト)が動作するパーソナル・コンピュータ
CPU/メモリ
お使いのOSが推奨する環境以上
ハードディスク
2GB以上の空き容量
ディスプレイ
解像度 1024×768、High Color以上の表示が可能なディスプレイ
ディスク装置
CD-ROMドライブ

システム構成イメージ

    • ライトマネージャー10
      for PDC-210

      ライトマネージャー10 for PDC-210
    • +
    • パソコン

      パソコン
    • +
    • 磁気カードリーダーライター
      PDC-210
      (日本システム開発社製)

      磁気カードリーダーライター PDC-210(日本システム開発社製)

製品仕様

  • 磁気カードリーダーライター対応機種

    • ライトマネージャー10 for PDC-210 が対応している磁気カードリーダーライターは、PDC-210 (日本システム開発社製)です。
  • 対応カード規格

    カード形状 JIS X6301 2型 に準拠
    記録様式 JIS X6302 2型 に準拠
  • セキュリティ関連

    • 銀行系、信販系のカード(キャッシュカードやクレジットカード)の読み取りはできません。
      また、銀行系、信販系のカードで使用される特殊コードの書き込みはできません。
  • データベース仕様(管理可能なデータ件数)

    • カード情報のデータベースは、種類ごとに作成されて管理されます。(種類ごとに別々のデータベースで管理)
    • 1つのデータベースに最大10万件のカード情報を登録できます。

    ※データベースは何種類でも作成することが可能です。

書き込み可能コード一覧表

  • ライトマネージャー10で書き込み可能なコードは下記のとおりです。
  • 書き込み可能コード一覧表
    • (*1)磁気データの書き込み値として設定することはできません。
    • (*2)JIS2カードでは一般的に使用しない値のため、これらの値を書き込んだ場合、リーダによっては動作の保証はありません。
    • (*3)カナ側と英数側の切替に利用される値(SO、SI)です。これらの値はSI/SO設定モードが手動の場合のみ設定できます。
    • (*4)半角カナのスペース(A0)は、PDC-210で読み取りを行った際には半角スペース(20)になります。