入退室マネージャー11 − 動作環境・仕様

入退室マネージャー11入退室マネージャー11

パソコンでできる入退室管理システム(各種リーダー対応) 入退室マネージャー11入退室マネージャー11

  • パソコンとリーダーで入退室、入退館、出退勤を管理できる入退室管理システム
  • バーコード、QRコード、ICカードなどを読み取って入退室、入退館情報を管理
  • 入退室、入退館、出退勤などの入出状況や入出数、滞在数を随時画面で確認
  • 読み取りと同時に入出ログの内容を指定したフォルダにファイル出力
  • CSVやEXCEL(エクセル)形式で入退室、入退館、出退勤などのデータを出力
  • Windows11Windows11
  • Windows10Windows10
入退室マネージャー11・製品紹介メニュー

動作環境

OS(基本ソフト)
  • Microsoft Windows 11
  • Microsoft Windows 10
CPU/メモリ
お使いのOSが推奨する環境以上
ハードディスク
2GB以上の空き容量
ディスプレイ
解像度 1280×768以上
  • ※本ソフトウェアのインストール時のみCD-ROMドライブが必要です。

システム構成イメージ

  • 入退室マネージャー11

    入退室マネージャー11
  • +
  • パソコン

    パソコン
  • +
  • 各種リーダー(個人IDの読み取り用)

    • ICカードリーダー
    • QRコードリーダー(QRコードスキャナー)
    • バーコードリーダー
  • リーダーの接続可能台数

    • パソコンに接続して使用できるリーダー機器は1台のみです。(複数のリーダー機器を接続して使用することはできません。)
  • リーダー未使用での運用

    • リーダー未使用でも運用可能です。リーダー未使用時はID情報(個人ID)をキーボードから入力できます。また、個人リストから個人を選択して入出情報を記録することも可能です。
  • ※リーダー機器は、ICカードリーダー、バーコードリーダー、QRコードリーダー、磁気カードリーダーなどが使用できます。使用できるリーダー機器のタイプはこちらをご覧ください。
  • ※リーダー機器は別売です。パソコンは別途ご用意ください。

データベース仕様

  • データベース仕様(管理可能なデータ件数)

    • 入出管理用のデータベース(入出管理DB)は、用途(月単位、年単位、イベント単位など)にあわせて何種類でも作成することができます。
    • 入出の確定情報や統合情報(入出確定DB、入出統合DB)は、何種類でも作成することができます。
    【管理可能なデータ件数】
    入出データ 1つのデータベース(入出管理DB)ごとに最大10万件(入情報、出情報を、それぞれ1件として換算)
    個人マスタ 1つのデータベース(入出管理DB)ごとに最大5万件
    算出基準マスタ 1つのデータベース(入出管理DB)ごとに最大5万件
    入出確定データ 1つのデータベース(入出確定DB)ごとに最大10万件
    入出統合データ 1つのデータベース(入出統合DB)ごとに最大10万件
  • 各機能とデータベースの関連図

    各機能とデータベースの関連図
    • 入出管理用のデータベース(入出管理DB)は、用途(月単位、年単位、イベント単位など)にあわせて作成します。
    • 入出記録(入出データ)や個人情報(個人マスタ)、滞在時間の算出方法(算出基準マスタ)などは入出管理DBごとに管理します。
    • 入出管理DBの内容を確定することで、入出確定DBが作成されます。時間数(滞在時間)は入出確定時に算出されます。
    • 複数の入出確定DBを統合することで、入出統合DBが作成されます。統合できるのは入出確定後のDBです。

個人の識別方法

  • ICカード、IDカード(バーコードカード、QRコードカード、磁気カード)の読み取り内容と個人の識別方法

    • 使用するICカードの規格がFeliCa(フェリカ)の場合、ICカードの固有ID(IDm)を読み取って個人を識別します。
    • 使用するICカードの規格がMifare(マイフェア)の場合、ICカードの固有ID(UID)を読み取って個人を識別します。
    • 使用するIDカードがバーコードカードの場合、バーコード値の全部、または一部を読み取って個人を識別します。
    • 使用するIDカードがQRコードカードの場合、QRコード値の全部、または一部を読み取って個人を識別します。
    • 使用するIDカードが磁気カードの場合、磁気データ値の全部、または一部を読み取って個人を識別します。

    ※個人マスタに読み取り値(IDm、UID、バーコード値、QRコード値、磁気データ値)との紐付け情報が登録されている場合は、その内容をもとに個人を識別します。

    • ※読み取り可能なバーコード値は、使用するバーコードリーダー(バーコードスキャナー)の仕様に依存します。
    • ※読み取り可能なQRコード値は、使用するQRコードリーダー(QRコードスキャナー)の仕様に依存します。
    • ※読み取り可能な磁気データ値は、使用する磁気カードリーダーの仕様に依存します。

使用できるICカード、IDカード(バーコードカード、QRコードカード、磁気カード)

  • 使用できるICカード

    フェリカカード FeliCa(フェリカ)規格準拠の非接触ICカード、FeliCaカード、FeliCa Liteカード、Suica、PASMOなど
    マイフェアカード Mifare(マイフェア)規格準拠の非接触ICカード
  • 使用できるIDカード(バーコードカード、QRコードカード、磁気カード)

    以下の 1 または 2 のバーコード、QRコード、磁気データのものが使用できます。

    • バーコード、QRコード、磁気データの内容そのものが個人ID(または個人IDと紐付けされているID)であるもの
    • バーコード、QRコード、磁気データの内容の一部に個人ID(または個人IDと紐付けされているID)が含まれているもので、その値が固定位置から切り出し可能なもの
    • ※本システムで利用できる個人ID(または個人IDと紐付けされているID)は、半角の英数字(ハイフンを含む)です。

使用できるリーダー機器のタイプ

  • 非接触ICカードリーダー/ライター

    • キーボードインターフェース仕様(キーボードエミュレーション仕様)の非接触ICカードリーダー/ライター(※補足1
    • パソリ/PaSoRi(RC-S300、RC-S380)
    • PC/SC準拠の非接触ICカードリーダー/ライター
  • バーコードリーダー(バーコードスキャナー)

    • キーボードインターフェース仕様(キーボードエミュレーション仕様)のバーコードリーダー(バーコードスキャナー)(※補足1
  • QRコードリーダー(QRコードスキャナー)

    • キーボードインターフェース仕様(キーボードエミュレーション仕様)のQRコードリーダー(QRコードスキャナー)(※補足1
  • 磁気カードリーダー

    • キーボードインターフェース仕様(キーボードエミュレーション仕様)の磁気カードリーダー(※補足1
  • データ蓄積(データコレクタ)タイプのリーダー機器

    • リーダー機器内に蓄積したデータから、以下の3つの情報をCSV、テキスト形式でファイル出力できるリーダー機器が利用できます。入退室マネージャー11 側では、蓄積タイプのリーダー機器から出力されたCSVファイルなどを入出データ内にインポートします。
      1. 日付(yyyy/mm/dd形式 ※西暦)
      2. 時間(hh:mm形式 ※24時間制)
      3. ID情報(100文字以内)
    • ※リーダー機器内に蓄積したデータのファイル出力(転送)には、専用のソフトウェアが必要な場合があります。
    • ※日付、時間が上記以外のフォーマットの場合はインポートできません。
    • ※ID情報が100文字以上のデータはインポートできません。

    使用できるデータ蓄積タイプのリーダーについて

  • 補足1

    読み取りデータをキーボード入力と同じイメージでパソコン側に送信する仕様の非接触ICカードリーダー/ライター、バーコードリーダー(バーコードスキャナー)、QRコードリーダー(QRコードスキャナー)、磁気カードリーダーなどが使用できます。(※どのメーカーの製品でも使用することができます。)

    使用できるキーボードインターフェース仕様のリーダーについて

    • (*1)PaSoRi(パソリ)を使用する場合、NFCポートソフトウェアのインストールが必要です。
    • (*2)PaSoRi(パソリ)以外のリーダー機器を使用する場合、専用のドライバソフトのインストールが必要な場合があります。
    • (*3)PC/SC準拠の非接触ICカードリーダー/ライター製品のすべてが使用できることを保証するものではありません。
    • (*4)パソコンに接続して使用できるリーダー機器は1台のみです。(複数のリーダー機器を接続して使用することはできません。)
    • (*5)パソリとNFCポート(FeliCa ポート)を同時に使用することはできません。
    • (*6)リーダー機器のOS対応状況については、各製品の仕様をご確認ください。

その他

  • バーコード印刷(ラベル印刷機能)について

    • 入退室マネージャー11 のラベル印刷機能で印字できるバーコードの種類は、1次元バーコードの CODE39、NW-7 です。
    • ※入退室マネージャー11 のラベル印刷機能でQRコードの印刷はできません。
    • ※受付画面では、入退室マネージャー11 で印刷したバーコード(CODE39、NW-7)以外のバーコードでも読み取りが可能です。読み取り可能なバーコードは使用するバーコードリーダーの仕様に依存します。
  • エクスポート機能のExcel(エクセル)形式について

    • 入退室マネージャー11 のエクスポート機能のExcel(エクセル)形式で出力されるファイルの形式は、Excel 97-2003 で使用されている形式(拡張子がxls)です。
    • ※エクスポート機能のExcel(エクセル)形式で出力されたファイルは、Excel 97以降のバージョンで開くことができます。