入退室マネージャー11 − 機能ポイント1(入出の受付画面)

入退室マネージャー11入退室マネージャー11

パソコンでできる入退室管理システム(各種リーダー対応) 入退室マネージャー11入退室マネージャー11

  • パソコンとリーダーで入退室、入退館、出退勤を管理できる入退室管理システム
  • バーコード、QRコード、ICカードなどを読み取って入退室、入退館情報を管理
  • 入退室、入退館、出退勤などの入出状況や入出数、滞在数を随時画面で確認
  • 読み取りと同時に入出ログの内容を指定したフォルダにファイル出力
  • CSVやEXCEL(エクセル)形式で入退室、入退館、出退勤などのデータを出力
  • Windows11Windows11
  • Windows10Windows10

機能ポイント1(入出の受付画面)

パソコンに接続したリーダー機器でID情報(バーコード、QRコード、ICカード、磁気カードなど)を読み取り、入退室、入退館、出退勤などの入出情報を記録できます。

  • 受付画面
    入出情報の記録
    パソコンに接続したリーダーで、ID情報(バーコード、QRコード、ICカード、磁気カードなど)を読み取ることにより、入退室、入退館、出退勤などの入出情報(いつ、どこで、誰が、何時何分に入出を行ったか)を記録することができます。
    リーダー未使用時はID情報をキーボードから入力できます。
    入出タイプの自動判定
    入出モードを「自動」に設定することで、読み取り時の入出タイプを自動的に判断することができます。
    同日の同一個人について、1度目の記録時は「入」、2度目の記録時は「出」というように自動的に判断されて記録されます。
  • 入出カウント数、滞在中カウント数の表示(Standard、Pro)

    • 入出の受付画面で当日の入室(入館)、退室(退館)、滞在中のカウント数をリアルタイムに確認できます。
    • 製品タイプ Pro は、受付画面から当日の入出一覧や滞在中一覧を表示することができます。
    受付画面(入出カウント数、滞在中カウント数の表示)
  • 受付画面のレイアウト設定

    • 入出の受付画面に表示されるログ項目(フィールド数、フィールド種類など)を自由に設定することができます。
    • 入出ログ画面に画像イメージを表示したり、退室、退館時に滞在した経過時間数などを表示することができます。
    • 個人マスタデータに生年月日が登録されている場合、入出記録時点の年齢をログ画面に表示することも可能です。
    受付画面のレイアウト設定
  • 個人リストを利用した入出記録

    • 個人リストから対象の個人を選択して入出情報を記録できます。
    • 個人リストは、リーダーを使用しないで入出情報を記録する場合やIDカードを持っていない個人の入出情報を記録する場合などに利用できます。
    • 個人リストの表示/非表示の切替は、受付画面上の「個人リスト」ボタンで行うことができます。
    • 個人リストが表示されている状態でも、リーダー機器による入出記録を行うことができます。
    受付画面(個人リスト)