入退LANマネージャー11 − 機能ポイント4(個人データ、入出データの管理)

  • 入退LANマネージャー11 は 2024年8月に発売予定 です。

入退LANマネージャー11入退LANマネージャー11

パソコンでできる入退室管理システム(各種リーダー対応) 入退LANマネージャー11入退LANマネージャー11

  • 複数箇所のPCで登録した入退室、入退館の情報を共有データベースで管理
  • バーコード、QRコード、ICカードなどを読み取って入出情報を登録
  • 読み取りに連動して入出ログを表示。表示内容は自由にカスタマイズ可能
  • CSVやEXCEL(エクセル)形式で入退室、入退館、出退などの情報を出力
  • 入出状況や滞在状況を随時確認可能。任意の単位での入出数の集計も可能
  • Windows11Windows11
  • Windows10Windows10
入退室管理ソフトウェア製品・ラインアップ
  • 入退LANマネージャー11:複数箇所のPCで登録した入退室、入退館の情報を共有DBで管理できる入退室管理システム
  • 入退室マネージャー11:入退室、入退館、出退席、出退勤などの入出情報を管理できる入退室管理システム
  • 出退表示マネージャー11:個人ごとの出退状況や滞在状況をリアルタイムに色分け表示できる出退表示システム
  • 在室表示マネージャー11:在室、在館、在席などの人数や、在室者一覧をリアルタイムに確認できる在室表示システム
入退LANマネージャー11・製品紹介メニュー
  • 機能ポイント4(個人データ、入出データの管理)

    • 個人情報や入出情報などを共有データベースで管理するため、複数PCでデータを共有できます。データ管理画面ではデータの照会、編集、印刷、インポート、エクスポートなどができます。
    • 個人マスタ(管理モード)画面

      データ管理画面のポイント

      個人マスタ管理
      個人データの照会、メンテナンス(追加、修正、削除など)、印刷、インポート、エクスポートなどができます。
      入出データ管理
      入出データの照会、メンテナンス(追加、修正、削除など)、印刷、インポート、エクスポートなどができます。
    • ピックアップ機能

      • データのインポート画面
        データのインポート
        個人データや入出データをファイル(CSV形式、テキスト形式)からインポートできます。
        取込フォーマットの設定により、ファイルデータからの取込フィールド位置を指定することができるので柔軟な取り込みが可能です。
      • フィールド名の設定画面
        個人マスタのフィールド定義
        個人マスタには既定フィールド以外にフリーのフィールドが25個あり、ユーザーが用途にあわせて自由に使用することができます。
        また、フィールドの名称は任意のフィールド名称に変更することが可能です。
      • ラベル、バーコード印刷イメージ
        ラベル印刷、バーコード印刷
        個人マスタ情報をラベル形式で印刷することができます。
        ID情報(個人IDなど)をバーコードに変換して印刷することも可能です。(QRコードの印刷はできません。)