貸出マネージャー11 − 動作環境・仕様

貸出マネージャー11貸出マネージャー11

パソコンでできる貸出管理システム(各種リーダー対応) 貸出マネージャー11貸出マネージャー11

  • パソコンとリーダーで物品の貸出、返却を管理できる貸出管理システム
  • バーコード、QRコード、IC情報、磁気カードなどを読み取って貸出や返却
  • 貸出状況(貸出中、貸出可、返却延滞中)や貸出履歴を随時画面で確認
  • 在庫数(合計数、貸出中数、貸出可能数)を任意のグループ単位で確認
  • CSVやEXCEL(エクセル)形式で貸出データや集計データを出力
  • Windows11Windows11
  • Windows10Windows10
貸出マネージャー11・製品紹介メニュー

動作環境

OS(基本ソフト)
  • Microsoft Windows 11
  • Microsoft Windows 10
CPU/メモリ
お使いのOSが推奨する環境以上
ハードディスク
2GB以上の空き容量
ディスプレイ
解像度 1280×768以上
  • ※本ソフトウェアのインストール時のみCD-ROMドライブが必要です。

システム構成イメージ

  • 貸出マネージャー11

    貸出マネージャー11
  • +
  • パソコン

    パソコン
  • +
  • 各種リーダー(貸出品コード、個人IDの読み取り用)

    • ICカードリーダー
    • QRコードリーダー(QRコードスキャナー)
    • バーコードリーダー
  • リーダーの接続可能台数

    • パソコンに接続して使用できるキーボードインターフェース仕様のリーダー機器は1台のみです。
    • パソコンに接続して使用できる非接触ICカードリーダー/ライターは1台のみです。
    • 貸出品情報と個人情報を別々のリーダー機器で読み取る場合のみ、非接触ICカードリーダー/ライターとキーボードインターフェース(キーボードエミュレーション)仕様のリーダー機器をそれぞれ1台ずつを接続して使用できます。
  • リーダー未使用での運用

    • リーダー未使用でも運用可能です。リーダー未使用時はID情報(貸出品コード、個人ID)をキーボードから入力できます。
  • ※リーダー機器は、ICカードリーダー、バーコードリーダー、QRコードリーダー、磁気カードリーダーなどが使用できます。使用できるリーダー機器のタイプはこちらをご覧ください。
  • ※リーダー機器は別売です。パソコンは別途ご用意ください。

データベース仕様

  • データベース仕様(管理可能なデータ件数)

    貸出品マスタ 最大5万件
    個人マスタ 最大5万件
    月間ログデータ 月ごとに最大10万件(1回の貸出、または返却を1件として換算)
    統合ログデータ 1つのデータベース(統合ログDB)ごとに最大10万件

    ※月間ログデータの統合情報(統合ログDB)は、何種類でも作成することができます。

  • 各機能とデータベースの関連図

    各機能とデータベースの関連図
    • 貸出管理DBにより、貸出品情報(貸出品マスタ)と貸出先の個人情報(個人マスタ)が管理されます。
    • 月間ログDBにより、貸出返却の履歴情報が月単位で管理されます。月間ログDBは毎月自動的に作成されます。
    • 複数の月間ログDBを統合することで、統合ログDBが作成されます。

貸出品、個人の識別方法

  • ICカード、IDカード(バーコードカード、QRコードカード、磁気カード)の読み取り内容と貸出品、個人の識別方法

    • 使用するICカードの規格がFeliCa(フェリカ)の場合、ICカードの固有ID(IDm)を読み取って貸出品、個人を識別します。
    • 使用するICカードの規格がMifare(マイフェア)の場合、ICカードの固有ID(UID)を読み取って貸出品、個人を識別します。
    • 使用するIDカードがバーコードカードの場合、バーコード値の全部、または一部を読み取って貸出品、個人を識別します。
    • 使用するIDカードがQRコードカードの場合、QRコード値の全部、または一部を読み取って貸出品、個人を識別します。
    • 使用するIDカードが磁気カードの場合、磁気データ値の全部、または一部を読み取って貸出品、個人を識別します。

    ※貸出品マスタ、個人マスタに読み取り値(IDm、UID、バーコード値、QRコード値、磁気データ値)との紐付け情報が登録されている場合は、その内容をもとに貸出品、個人を識別します。

    • ※読み取り可能なバーコード値は、使用するバーコードリーダー(バーコードスキャナー)の仕様に依存します。
    • ※読み取り可能なQRコード値は、使用するQRコードリーダー(QRコードスキャナー)の仕様に依存します。
    • ※読み取り可能な磁気データ値は、使用する磁気カードリーダーの仕様に依存します。

使用できるICカード、IDカード(バーコードカード、QRコードカード、磁気カード)

  • 使用できるICカード

    フェリカカード FeliCa(フェリカ)規格準拠の非接触ICカード、FeliCaカード、FeliCa Liteカード、Suica、PASMOなど
    マイフェアカード Mifare(マイフェア)規格準拠の非接触ICカード
  • 使用できるIDカード(バーコードカード、QRコードカード、磁気カード)

    以下の 1 または 2 のバーコード、QRコード、磁気データのものが使用できます。

    • バーコード、QRコード、磁気データの内容そのものが下記の何れかの値のもの
      • 貸出品コード(または貸出品コードと紐付けされているコード)であるもの
      • 個人ID(または個人IDと紐付けされているID)であるもの
    • バーコード、QRコード、磁気データの内容の一部が下記の何れかの値のもの
      • 貸出品コード(または貸出品コードと紐付けされているコード)が含まれているもので、その値が固定位置から切り出し可能なもの
      • 個人ID(または個人IDと紐付けされているID)が含まれているもので、その値が固定位置から切り出し可能なもの
    • ※本システムで利用できる貸出品コード(または貸出品コードと紐付けされているコード)は、半角の英数字(ハイフンを含む)です。
    • ※本システムで利用できる個人ID(または個人IDと紐付けされているID)は、半角の英数字(ハイフンを含む)です。

使用できるリーダー機器のタイプ

  • 非接触ICカードリーダー/ライター

    • キーボードインターフェース仕様(キーボードエミュレーション仕様)の非接触ICカードリーダー/ライター(※補足1
    • パソリ/PaSoRi(RC-S300、RC-S380)
    • PC/SC準拠の非接触ICカードリーダー/ライター
  • バーコードリーダー(バーコードスキャナー)

    • キーボードインターフェース仕様(キーボードエミュレーション仕様)のバーコードリーダー(バーコードスキャナー)(※補足1
  • QRコードリーダー(QRコードスキャナー)

    • キーボードインターフェース仕様(キーボードエミュレーション仕様)のQRコードリーダー(QRコードスキャナー)(※補足1
  • 磁気カードリーダー

    • キーボードインターフェース仕様(キーボードエミュレーション仕様)の磁気カードリーダー(※補足1
  • 補足1

    読み取りデータをキーボード入力と同じイメージでパソコン側に送信する仕様の非接触ICカードリーダー/ライター、バーコードリーダー(バーコードスキャナー)、QRコードリーダー(QRコードスキャナー)、磁気カードリーダーなどが使用できます。(※どのメーカーの製品でも使用することができます。)

    使用できるキーボードインターフェース仕様のリーダーについて

    • (*1)PaSoRi(パソリ)を使用する場合、NFCポートソフトウェアのインストールが必要です。
    • (*2)PaSoRi(パソリ)以外のリーダー機器を使用する場合、専用のドライバソフトのインストールが必要な場合があります。
    • (*3)PC/SC準拠の非接触ICカードリーダー/ライター製品のすべてが使用できることを保証するものではありません。
    • (*4)パソコンに接続して使用できるキーボードインターフェース仕様のリーダー機器は1台のみです。
    • (*5)パソコンに接続して使用できる非接触ICカードリーダー/ライターは1台のみです。
    • (*6)貸出品情報と個人情報を別々のリーダー機器で読み取る場合のみ、非接触ICカードリーダー/ライターとキーボードインターフェース(キーボードエミュレーション)仕様のリーダー機器をそれぞれ1台ずつを接続して使用できます。
    • (*7)パソリとNFCポート(FeliCa ポート)を同時に使用することはできません。
    • (*8)リーダー機器のOS対応状況については、各製品の仕様をご確認ください。

その他

  • バーコード印刷(ラベル印刷機能)について

    • 貸出マネージャー11 のラベル印刷機能で印字できるバーコードの種類は、1次元バーコードの CODE39、NW-7 です。
    • ※貸出マネージャー11 のラベル印刷機能でQRコードの印刷はできません。
    • ※貸出返却画面では、貸出マネージャー11 で印刷したバーコード(CODE39、NW-7)以外のバーコードでも読み取りが可能です。読み取り可能なバーコードは使用するバーコードリーダーの仕様に依存します。
  • エクスポート機能のExcel(エクセル)形式について

    • 貸出マネージャー11 のエクスポート機能のExcel(エクセル)形式で出力されるファイルの形式は、Excel 97-2003 で使用されている形式(拡張子がxls)です。
    • ※エクスポート機能のExcel(エクセル)形式で出力されたファイルは、Excel 97以降のバージョンで開くことができます。