貸出マネージャー11 − 機能ポイント2(返却処理)

貸出マネージャー11貸出マネージャー11

パソコンでできる貸出管理システム(各種リーダー対応) 貸出マネージャー11貸出マネージャー11

  • パソコンとリーダーで物品の貸出、返却を管理できる貸出管理システム
  • バーコード、QRコード、IC情報、磁気カードなどを読み取って貸出や返却
  • 貸出状況(貸出中、貸出可、返却延滞中)や貸出履歴を随時画面で確認
  • 在庫数(合計数、貸出中数、貸出可能数)を任意のグループ単位で確認
  • CSVやEXCEL(エクセル)形式で貸出データや集計データを出力
  • Windows11Windows11
  • Windows10Windows10

機能ポイント2(返却処理)

パソコンに接続したリーダーでバーコード、QRコード、IC情報、磁気カードなどを読み取って、物品の返却処理(いつ、誰が、何を返却したか)を行うことができます。

  • 【返却処理イメージ】

    • 貸出返却画面
    • STEP1
    • 返却品のコードを入力すると、返却対象一覧にその内容が表示されます。
    • 貸出返却画面
    • STEP2
    • 返却者の個人IDを入力すると、返却が完了して返却内容がログ表示されます。
    • 貸出返却画面

    簡単な操作でスピーディに返却処理を実行

    • 返却品のコード、返却者のIDを順次読み取って返却処理を行うことができます。
    • STEP1
      • 返却品のコード(バーコード、QRコード、ICチップなど)を読み取ります。
      • 複数の物品を返却する場合は、対象の物品のコード情報を繰り返し読み取ります。
    • STEP2
      • 返却者の個人ID(ICカード、バーコードカード、QRコードカード、磁気カードなど)を読み取ると返却が完了して、返却内容がログ表示されます。
      • ※返却品のコードや返却者の個人IDをキーボードから直接入力することも可能です。
    • 返却環境の設定機能
      • 返却確認画面の表示有無
      • 返却日の初期設定方法
      • 返却者の返却制限の設定
      • 貸出返却画面の表示フィールドのカスタマイズ
      • などの返却処理の運用環境を設定できます。
  • 返却確認画面の表示有無

    • 環境設定で返却時の確認画面の表示有無を設定することができます。
    • 【確認画面表示なしに設定した場合】
      • 返却品コードの読み取り後、返却者のIDを読み取った時点で返却が完了します。
    • 【確認画面表示ありに設定した場合】
      • 返却品コード、返却者のIDを読み取った後、返却確認画面が表示されます。
      • 返却確認画面では、日時やメモ内容を任意で入力することも可能です。
    返却確認画面