貸出マネージャー11 − 機能・特徴

貸出マネージャー11貸出マネージャー11

パソコンでできる貸出管理システム(各種リーダー対応) 貸出マネージャー11貸出マネージャー11

  • パソコンとリーダーで物品の貸出、返却を管理できる貸出管理システム
  • バーコード、QRコード、IC情報、磁気カードなどを読み取って貸出や返却
  • 貸出状況(貸出中、貸出可、返却延滞中)や貸出履歴を随時画面で確認
  • 在庫数(合計数、貸出中数、貸出可能数)を任意のグループ単位で確認
  • CSVやEXCEL(エクセル)形式で貸出データや集計データを出力
  • Windows11Windows11
  • Windows10Windows10
貸出マネージャー11・製品紹介メニュー

バーコード、QRコード、IC情報を読み取って貸出返却

  • バーコード、QRコード、IC情報などを読み取って物品の貸出返却ができます

    貸出返却画面

    • パソコンに接続したリーダーで、バーコード、QRコード、IC情報、磁気カードなどを読み取ることにより、以下の処理を行うことができます。
      • 物品の貸出処理(いつ、誰に、何を貸出したか)
      • 物品の返却処理(いつ、誰が、何を返却したか)

貸出状況を色々なパターンで確認

  • 貸出状況を色々なパターンで確認できます

    貸出状況メニュー画面

    • 貸出状況を色々なパターンで随時確認することができます。
    • 表示データはExcel(エクセル)形式やCSV形式などでエクスポートすることができます。表示対象データの条件やソート方法などの指定も可能です。
    • 貸出中の物品だけを表示したり、返却延滞分の物品だけを表示することなども可能です。

貸出返却ログを色々なパターンで確認

  • 貸出返却ログを色々なパターンで確認できます

    貸出返却ログ表示画面

    • 貸出返却ログ(貸出処理、返却処理の履歴情報)を色々なパターンで随時確認することができます。表示対象データの条件やソート方法などの指定も可能です。
    • 表示内容(表示フィールドの種類や並び)はカスタマイズすることが可能です。

在庫数を任意のグループ単位で確認

  • 貸出品の在庫数を任意のグループ単位で確認できます(製品タイプ:Plus)

    貸出品の在庫確認画面

    • 貸出品の在庫数(合計数、貸出中数、貸出可能数)を任意のグループ単位で確認できます。表示対象データの条件やソート方法などの指定も可能です。
    • 棚卸しなどで貸出品の在庫数を確認する場合などに利用できます。

集計データを表示、出力(CSV、Excel形式)

  • 貸出返却の集計データをCSVやEXCEL形式で出力できます(製品タイプ:Pro、Plus)

    貸出返却の集計データ表示画面

    • 貸出情報や集計情報を色々なパターンで表示したり、Excel(エクセル)形式やCSV形式などでエクスポートすることができます。
    • 集計機能では既定の集計パターンとは別に、集計単位や集計フィールドを任意に定義したオリジナルの集計フォームを何種類でも作成することができます。

物品情報や個人情報をデータベースで管理

  • 物品情報や個人情報をデータベースで管理できます

    個人情報の管理画面

    • 物品情報や個人情報はデータベース(貸出品マスタ、個人マスタ)で管理できます。
    • 各マスタには既定フィールド以外にフリーフィールドがあり、ユーザーが用途にあわせて使用できます。各マスタのフィールド名は任意の名称に変更できます。

マスタ情報のコードやIDをバーコード印刷

  • 物品情報や個人情報のコードやIDをバーコード印刷できます

    物品情報や個人情報のコードやIDのバーコード印刷

    • 各マスタのデータをラベル形式で印刷することができます。ID情報(貸出品コード、個人IDなど)をバーコードに変換して印刷することも可能です。(QRコードの印刷はできません。)
    • 印刷フィールドやフォーマット(列数、行数、印字間隔、バーコードの印字サイズなど)は、任意に設定することができます。

複数のデータを1つのデータベースに統合

  • 月ごとの貸出返却ログを1つのデータベースに統合できます(製品タイプ:Pro、Plus)

    貸出返却の統合データ表示画面

    • 月ごとに作成された貸出返却ログ情報を1つに統合することができます。
    • 月ごとの貸出返却ログ情報を統合することで、貸出結果を総合的に確認することができます。
      • 例)1月〜12月までの月間の貸出返却ログ(12か月分)を1つのデータベース(年分)として統合

※製品タイプによる機能の違いは製品タイプ比較を、管理可能なデータ件数についてはデータベース仕様を参照してください。