出席マネージャー11 − 複数PC運用例

出席マネージャー11出席マネージャー11

パソコンでできる出席管理システム(各種リーダー対応) 出席マネージャー11出席マネージャー11

  • パソコンとリーダーで各種イベントの出欠席を管理できる出席管理システム
  • バーコード、QRコード、ICカード、磁気カード等を読み取って出席時間を記録
  • 読み取りと同時に出席ログの内容を指定したフォルダにファイル出力
  • 出席状況や出欠席の結果を随時画面で確認
  • CSVやEXCEL(エクセル)形式で出欠席データや集計データを出力
  • Windows11Windows11
  • Windows10Windows10
出席マネージャー11・製品紹介メニュー

複数箇所で出席記録を行う場合の運用例

パソコンA、B(2カ所)で出席記録を行い、パソコンCでデータの統合管理を行う運用の場合、基本システムのみで行う方法と、基本システム+オプションシステムで行う方法があります。

  • 基本システム(Lite、Standard、Pro)のみで運用する場合

    基本システム(Lite、Standard、Pro)のみで運用する場合の概要図
    • パソコンA、Bの各ローカル環境のDBから入出データをエクスポートしてCSVファイル等を作成します。
    • パソコンA、Bでエクスポートした入出データのCSVファイル等を、パソコンCのローカル環境のDBにインポートして統合します。
    • パソコンCのローカル環境のDBから個人データをエクスポートして配信し、パソコンA、Bがインポートして同期をとります。
  • 基本システム(Lite、Standard、Pro)+オプションシステム(Plus)で運用する場合(※LAN環境が必要です)

    基本システム(Lite、Standard、Pro)+オプションシステム(Plus)で運用する場合の概要図
    • パソコンCがパソコンA、Bのローカル環境DBから入出データを直接インポートして、パソコンCのローカル環境DBに統合します。
    • パソコンCのローカル環境DBの個人データをパソコンA、Bのローカル環境DBに直接エクスポートして同期をとります。

※1)各製品は1ライセンスで1台のパソコンにインストールして使用できます。3台のパソコンで運用する場合は3ライセンス必要です。 ※2)複数PCへの同時DB接続はできません。別PCへのDBアクセスは1PCごとDBの接続先を切り替えて行います。