出席マネージャー11 − 機能ポイント6(出欠情報の統合)

出席マネージャー11出席マネージャー11

パソコンでできる出席管理システム(各種リーダー対応) 出席マネージャー11出席マネージャー11

  • パソコンとリーダーで各種イベントの出欠席を管理できる出席管理システム
  • バーコード、QRコード、ICカード、磁気カード等を読み取って出席時間を記録
  • 読み取りと同時に出席ログの内容を指定したフォルダにファイル出力
  • 出席状況や出欠席の結果を随時画面で確認
  • CSVやEXCEL(エクセル)形式で出欠席データや集計データを出力
  • Windows11Windows11
  • Windows10Windows10

機能ポイント6(出欠情報の統合)

複数の出欠結果データベース(出欠結果DB)を1つに統合することができます。複数のデータベースを統合することで、出欠情報を総合的に確認することができます。

  • 出欠結果DB別一覧画面
    出欠情報の統合
    複数の出欠結果データベース(出欠結果DB)を1つに統合することができます。複数のデータベースを統合することで、各データベースごとに確認していた出欠情報を総合的に確認することができます。
    統合パターンなどは自由ですので、上半期DB、下半期DB、年間DBなど何種類でも作成することができます。
    最大50個の入出確定DBを1つに統合できます。(※1つの出欠統合DBに登録できるデータ総数は10万件まで)
  • 統合結果の表示、集計、出力(Pro、Plus)

    • 統合結果を色々なパターンで表示、集計することができます。
    • 統合結果データは印刷したり、CSVやEXCEL(エクセル)形式でのエクスポートなどができます。
    • オリジナルの集計フォームを何種類でも作成してシステムに登録できます。
    • 既定の集計単位(個人別、年齢別、年月別、日付別、曜日別、男女別など)以外に、個人マスタのフリーフィールドを集計単位として使用できます。
    統合情報集計画面
  • ◇データベース(出欠結果)の統合イメージ

      • 例)研修会の第1回〜第6回までの出欠結果データベースを1つのデータベース(6回分)として統合
    • データベース(出欠結果)の統合イメージ
      • ※統合対象となったデータベースは参照のみされ、データ自体は影響を受けません。
      • ※最大50個の出欠結果DBを1つに統合できます。(※1つの出欠統合DBに登録できるデータ総数は10万件まで)