出席マネージャー11 − 機能・特徴

出席マネージャー11出席マネージャー11

パソコンでできる出席管理システム(各種リーダー対応) 出席マネージャー11出席マネージャー11

  • パソコンとリーダーで各種イベントの出欠席を管理できる出席管理システム
  • バーコード、QRコード、ICカード、磁気カード等を読み取って出席時間を記録
  • 読み取りと同時に出席ログの内容を指定したフォルダにファイル出力
  • 出席状況や出欠席の結果を随時画面で確認
  • CSVやEXCEL(エクセル)形式で出欠席データや集計データを出力
  • Windows11Windows11
  • Windows10Windows10
出席マネージャー11・製品紹介メニュー

バーコード、QRコード、ICカードを読み取り入出情報を記録

  • バーコード、QRコード、ICカードを読み取って出席情報を記録できます

    出席の受付画面

    • パソコンに接続したリーダーで、バーコード、QRコード、ICカード、磁気カードなどを読み取ることにより、各種イベント(研修会、勉強会、授業、講義、講習、会議など)についての出席情報(入出情報)を記録することができます。
    • リーダー機器を利用した入出記録のほかに、個人リストから個人を選択して入出情報を記録することも可能です。

入出カウント数をリアルタイムに表示

  • 入出受付画面に入出ログや入出カウント数がリアルタイムに表示されます

    出席時間の受付画面

    • 入出の受付画面では、入出記録時に受付内容がログ画面に随時表示されますので、入出結果を視覚的に確認することができます。(製品タイプ:Lite、Standard、Pro)
    • 入出の受付画面に入室(入場)、退室(退場)、滞在中のカウント数が常時表示されます。(製品タイプ:Standard、Pro)

入出ログ内容を自由に設定

  • 入出の受付画面に表示されるログ項目を自由に設定できます

    受付画面のレイアウト設定画面

    • 入出の受付画面に表示されるログ項目(フィールド数、フィールド種類など)を自由に設定することができます。
    • 画像イメージを表示したり、退室、退場時に経過時間数などを表示することも可能です。

入出状況などを色々なパターンで表示

  • 入出情報、出欠席情報、集計情報などを色々なパターンで表示できます

    入出一覧画面

    • 入出一覧(出席記録一覧)、未入出一覧(未記録者一覧)などを色々なパターンで表示、出力することがきます。
    • 出欠席情報を色々なパターンで表示、出力することがきます。(製品タイプ:Standard、Pro、Plus)
    • 出欠席の集計情報を色々なパターンで表示、出力することがきます。(製品タイプ:Pro、Plus)

個人マスタ登録者の入出、未入出を確認

  • 個人マスタ登録者の入出、未入出を確認できます(製品タイプ:Pro、Plus)

    入出確認画面

    • 個人マスタに登録してある人の入出日(最初、最終)や入出カウント数などを確認することができます。また、未入出の人も確認することができます。
    • 表示データは、Excel(エクセル)形式やCSV形式などでエクスポートすることがきます。

集計データを表示、出力(CSV、Excel形式)

  • 入出の集計データをCSVやEXCEL形式で出力できます(製品タイプ:Pro、Plus)

    入出集計画面

    • 入出の集計値を色々なパターンで表示することができます。
    • 既定の集計パターンとは別に、集計単位や集計フィールドを任意に定義したオリジナルの集計フォームを何種類でも作成することができます。
    • 表示データは、Excel(エクセル)形式やCSV形式などでエクスポートすることがきます。

出欠判定基準を選択して出欠席を判定

  • 出欠判定基準を選択して出欠席を判定できます(製品タイプ:Standard、Pro、Plus)

    判定基準の設定画面

    • 5つの出欠判定基準から目的にあったものを選択して出欠席を判定できます。
      • 出席記録(入出記録)の有無により判定
      • 指定日範囲の出席記録(入出記録)の有無により判定
      • 指定日の出席記録(入出記録)の有無により判定
      • 指定日の指定時間帯の出席記録(入出記録)の有無により判定
      • 指定日の指定時間帯の滞在時間数により判定

出席情報や個人情報をデータベースで管理

  • 入出情報、出欠席情報、個人情報などをデータベースで管理できます

    個人マスタ(管理モード)画面

    • 入出情報、出欠席情報、個人情報などをデータベースで管理できます。出席管理用のデータベースは、イベント種類(研修会、勉強会、授業、講義、講習、会議など)ごとに何種類でも作成できます。
    • 個人情報(個人マスタ)の管理フィールドには、既定フィールド以外にフリーのフィールドが25個あり、ユーザーが用途にあわせて使用できます。フリーフィールドの名称は任意に設定することができます。

複数の出欠結果データベースを統合

  • 複数の出欠結果データベースを統合できます(製品タイプ:Pro、Plus)

    統合情報一覧画面

    • 複数の出欠結果データベースを1つに統合することができます。複数のデータベースを統合することで、各データベースごとに確認していた出欠情報を総合的に確認することができます。
      • 例)研修会の第1回〜第6回までの出欠結果データベースを1つのデータベース(6回分)として統合

別PCの入出モニターやデータ管理

  • 別PCの出席マネージャー11 のデータを管理できます(製品タイプ:Plus)

    入出一覧(モニターモード)画面

    • オプションシステム(出席マネージャー11 Plus)は、LAN上にある別PCの出席マネージャー11(Lite、Standard、Pro)の入出状況や入出数をモニターできます。入出状況の表示内容は、自動的に最新の情報に更新されます。
    • また、別PC上にあるデータの管理(照会、編集、インポート、エクスポートなど)を行うことも可能です。

※製品タイプによる機能の違いは製品タイプ比較を、管理可能なデータ件数についてはデータベース仕様を参照してください。