ライトマネージャー10 for PDC-210 − 機能・特徴

ライトマネージャー10 for PDC-210ライトマネージャー10 for PDC-210

磁気カードデータの書き込み/読み取りユーティリティ(磁気カード発行用ソフトウェア) ライトマネージャー10ライトマネージャー10for PDC-210for PDC-210

  • 磁気カードデータの書き込み(エンコード)と読み取り
  • 磁気データの編集フォーマットを自由に定義
  • 磁気カード情報をデータベースで管理
  • 複数フィールドを自動編集して磁気データ値を作成
  • 運用コストが0円

    システム運用にかかる月額費用などは必要ありません。

  • システムの導入が簡単

    インストーラーを実行するだけでセットアップが完了するので、すぐに運用を開始できます。

  • 選べる製品ライセンス

    通常ライセンス(使用期限なし)と年間ライセンス(使用期間1年)の製品をラインアップしています。

入力したデータ値をすぐに書き込み

  • 入力したデータ値をそのまま磁気カードに書き込めます(クイック書き込み)

    クイック書き込み画面

    • 文字列、または16 進で入力した値を磁気カードに書き込むことができます。入力した半角カタカナをそのまま磁気カードに書き込むことも可能です。
    • 任意に定義した編集フォーマットを使用してデータ値の入力を行い、書き込みを行うことも可能です。

データベースの登録データを書き込み

  • データベースに登録したデータ値を一覧から選択して書き込めます

    登録データ書き込み画面

    • データベースに登録したカード情報を一覧から選択して、磁気カードへ書き込むことができます。
    • データ一覧の指定位置から連続して磁気カードへの書き込みを行うことも可能です。

磁気データフォーマットを自由に定義

  • 磁気データ値の編集フォーマットを自由に定義できます

    磁気データ値の編集フォーマット指定

    • 磁気データ値の編集フォーマットを自由に定義できます
    • 編集フォーマットを使用することにより、磁気データ値を1フィールドに羅列入力するのではなく、いくつかの項目ごとに分割して入力することができます。
    • また、読み取りデータ値を定義したフォーマットで表示することも可能です。

読み取り内容を文字列や16進で表示

  • 磁気カードの読み取り内容を文字列や16進で表示できます

    読み取り画面

    • 磁気カードを読み取り、その内容を文字列や16進で表示することができます。
    • データベース照合機能により、読み取りカードに対応する登録情報をデータベースからピックアップして表示することも可能です。

書き込み、読み取りログを随時出力

  • 磁気カードの書き込みログ、読み取りログを随時出力できます

    ログファイル出力制御画面

    • 磁気カードの書き込み、読み取りと同時に、その内容をCSVファイルなどに出力することができます。
    • 出力ファイル名の一部に日付や時刻の情報を自動的に組み込むことも可能ですので、日別や時間別に分けて出力できます。

データベースを何種類でも作成可能

  • 磁気カード情報の管理用データベースを何種類でも作成できます

    データベース選択画面

    • 磁気カード情報の管理用データベースを何種類でも作成することができます。データベースごとに、フィールド名や磁気データ値の編集フォーマットを任意に定義することができます。
    • データベースを分けることで、顧客別、学校別、クラス別、イベント別や年度別等でデータを分けることができ、データの管理が容易になります。

データ値をCSVなどからインポート

  • 磁気データをCSV、テキストファイルからインポートできます

    磁気データのテキストファイル(インポート元)ファイル

    • 登録データをCSV、テキストファイルからインポートすることが可能です。文字表記データ、16進表記データのどちらでもインポートすることが可能です。
    • インポートする磁気データ値が複数のフィールドに分かれている場合でも、インポート時に自動編集してデータベース側の磁気データ値フィールド(1フィールド)に設定することが可能です。

固定値や自動連番を初期設定。磁気データ入力を簡略化

  • 固定値や自動連番を初期設定できるので入力の手間を省けます

    磁気データ値の編集フォーマット指定

    • 磁気データ値の入力時、固定値や自動連番を初期値として設定することができます。固定値や自動連番を初期設定することで入力の手間を省くことができます。
    • 自動連番は番号を自動でカウントアップして設定できますので、連続したID番号が必要な場合等に役立ちます。

書き込み、読み取り機能の選択チャート はこちらを参照してください。 ※製品タイプによる機能の違いはソフトウェア製品比較表を参照してください。