ライトヘルパー10 for PDC-210 − 機能・特徴

ライトヘルパー10 for PDC-210ライトヘルパー10 for PDC-210

磁気カードデータの書き込み/読み取りユーティリティ(磁気カード発行用ソフトウェア) ライトヘルパー10ライトヘルパー10for PDC-210for PDC-210

  • CSV、テキストファイルデータの磁気カード書き込み
  • 文字列で入力した値の磁気カード書き込み
  • 磁気カードの読み取りデータを文字列や16進で表示
  • 運用コストが0円

    システム運用にかかる月額費用などは必要ありません。

  • システムの導入が簡単

    インストーラーを実行するだけでセットアップが完了するので、すぐに運用を開始できます。

  • 選べる製品ライセンス

    通常ライセンス(使用期限なし)と年間ライセンス(使用期間1年)の製品をラインアップしています。

入力したデータ値をすぐに書き込み

  • 入力したデータ値をそのまま磁気カードに書き込めます(クイック書き込み)

    クイック書き込み画面

    • 文字列で入力した値を磁気カードに書き込むことができます。 (*1)(*2)
      入力した半角カタカナをそのまま磁気カードに書き込むことも可能です。

CSV、TEXTファイルデータの書き込み

  • CSV、テキストファイルのデータ値を書き込めます

    データ書き込み画面

    • CSV、テキストファイルをオープンして表示した文字列データを磁気カードへ書き込むことができます。 (*1)(*2)
      磁気データ値として設定されている半角カタカナをそのまま磁気カードに書き込めます。
    • データ一覧の指定位置から連続して、磁気カードへの書き込みを行うことができます。

読み取り内容を文字列や16進で表示

  • 磁気カードの読み取り内容を文字列や16進で表示できます

    読み取り画面

    • 磁気カードを読み取り、その内容を文字列や16進で表示することができます。

CSV、テキストファイル内のデータ値と読み取り値を照合

  • CSV、テキストファイルのデータと読み取り値の照合ができます

    データ照合画面

    • 磁気カードを読み取り、読み取りカードに対応するデータをCSV、テキストファイルからピックアップして表示することができます。

パスワードでシステム起動を制限

  • パスワードによるシステム起動制御などができます

    システム環境画面

    • パスワードによるシステム起動制御を行うことが可能です。
    • 通信ポートの自動設定機能により、磁気カードリーダーライターが接続されている通信ポートをチェックして自動的にポート番号を設定することができます。
  • (*1)磁気カードに書き込み可能なデータ値は、文字列データ(文字表記のデータ)です。16進表記のデータ値や制御コードを書き込むことはできません。
  • (*2)漢字や全角文字のデータ値を書き込むことはできません。

※ライトマネージャー10との機能の違いはソフトウェア製品比較表を参照してください。