◇◇◇ 機能ポイント1(書き込み)◇◇◇

CSV、テキストファイルをオープンして表示した文字列データを磁気カードへ書き込むことができます。また、一覧の指定位置から連続して書き込むことも可能です。

クイック書き込み

  • ■文字列で入力した値を磁気カードに書き込むことができます。
  • 入力した半角カタカナをそのまま磁気カードに書き込むことも可能です。
クイック書込画面

データ書き込み

  • ■CSV、テキストファイルをオープンして表示した文字列データを磁気カードへ書き込むことができます。
  • 磁気データ値として設定されている半角カタカナをそのまま磁気カードに書き込めます。
  • ■データ一覧の指定位置から連続して、磁気カードへの書き込みを行うことができます。
データ書き込み画面

■「クイック書き込み」の基本フロー

1.「クイック書き込み」機能の選択

  • ■「クイック書き込み」機能を選択します。

2.書き込み値の入力

  • ■磁気カードへの書き込み値を文字列で入力します。

3.磁気カードの書き込み

  • ■「磁気書込」ボタンをクリックした後、磁気カードリーダーライターに磁気カードを挿入します。

■「データ書き込み」の基本フロー

1.「データ書き込み」機能の選択

  • ■「データ書き込み」機能を選択します。

2.データファイルのオープン

  • ■CSV、テキストファイルで作成されたデータファイルをオープンします。

3.書き込みフィールドの選択

  • ■書き込みフィールドを選択します。(オプション機能により、オープンと同時に書き込みフィールドを初期設定できます。)

4.磁気カードの書き込み

  • ■「磁気書込」ボタンをクリックした後、磁気カードリーダーライターに磁気カードを挿入します。