機能ポイント8(データ管理)

出退勤情報、およびマスタ情報をデータベースで管理します。出退勤データやマスタデータは、CSVファイルなどからインポートすることも可能です。

■データ管理メニュー

データ管理メニュー画面

 

■データ管理
出退勤情報、個人情報(個人マスタ)、打刻場所情報(場所マスタ)などをデータベースで管理できます。
個人マスタの情報は、確認ログや各種データ照会の際に個人IDと関連付けされて表示されます。
■データ取込
出退勤データやマスタデータは、CSVファイルなどからインポートすることが可能です。
■データ保守
出退勤情報やマスタ情報を月度単位でバックアップ/リカバリーできます。

出退勤データ管理

  • ■出退勤データは随時、照会やメンテナンスなどを行うことができます。
  • ■ポータブルタイプのリーダー機器を使用して収集した出退勤データをCSVファイルなどに出力することで、そのファイルを勤怠マネージャー8 for FeliCaに取り込むことができます。
出退勤データ管理画面

マスタ管理

  • ■個人マスタや場所マスタにより、出退勤記録を行う個人の情報や打刻場所などを管理できます。
  • ■ID紐付けマスタにより、出退勤の打刻の際にリードしたカードIDを、個人マスタの個人IDと紐付けることができます。
  • ※ID紐付け機能の有効/無効は環境設定で選択できます。
  • ■データ一覧や個人ラベルを印刷することができます。また個人IDなどをバーコードに変換して印刷することも可能です。
個人マスタ画面/個人ラベル

■IDの紐付け機能を有効にした場合の出退勤記録イメージ( カードID:0102030405060004 をリードした場合 )

ID紐付けマスタの登録内容

ID紐付けマスタの登録内容
→

紐付けされた個人IDの 000004 がピックアップされて出退勤情報が登録されます。

打刻画面

リードしたカードIDとID紐付けマスタの登録内容の照合により、個人IDが判定されます。