機能ポイント5(出席情報の集計)

出席情報を色々な単位で集計して表示したり、エクスポート(Excel形式やCSVなど)することができます。集計フォームは何種類でも作成して登録することができます。

■管理システム(出欠結果メニュー)

出欠結果メニュー

 

■出席情報の集計
入出状況(出欠判定前)や出欠結果(出欠判定後)を色々な単位で集計して表示することができます。集計対象データの条件や集計結果のソート方法などの指定も可能です。
■集計フォームの作成
集計単位や集計結果フィールドを任意に定義したオリジナルの集計フォームを何種類でも作成してシステムに登録できます。
■集計結果の印刷、エクスポート
集計結果データは、印刷、エクスポート(CSV、EXCEL形式など)することができます。

入出情報の集計

  • ■色々な集計パターンで以下のような集計情報を算出できます。
    • 出席数、欠席数の合計
    • 出席率、欠席率
    • 時間数の合計、平均、最大、最小
    • 年齢の平均、最大、最小
    • 年月の最大、最小
    • 日付の最大、最小
    • 時間、時間帯の最大、最小
  • ■既定の集計単位(個人別、年齢別、年月別、日付別、曜日別、男女別など)以外に、個人マスタのフリーフィールドを集計単位として使用できます。
出欠情報集計画面

集計フォームの作成

  • ■オリジナルの集計フォーム(出欠結果用)を何種類でも作成してシステムに登録できます。
    【集計単位】
    集計単位を自由に設定できます。集計単位は最大10個まで組み合わせることが可能です。
    【表示フィールド】
    候補リストから表示したい集計結果フィールドを選択して設定できます。
    【表示名】
    既定のフィールド名を別の名称にして表示フィールドのタイトルにすることが可能です。
集計フォーム(作成)画面